電脳せどりとは?リサーチのやり方やおすすめ仕入先【ネット】

 

こんにちは!HIROです。

 

この記事では、「電脳せどり」について詳しく解説していきます。

・電脳せどりってそもそも何?

・結局どこから商品を仕入れたらいいの?

・販売先はどこが良い?

・リサーチのやり方は?

といった疑問に答えていきます。

 

電脳せどりは、今やせどりの主流となっている方法です。

なので、「これからせどりで稼ごう!」と考えている場合は必ずマスターしておきたいですね。

では、初心者でもわかるように1から解説していきますね。

 

Contents

電脳せどりとは

まず電脳せどりって何なんでしょうか。

 

電脳せどりとは、

利益の出る商品を店舗ではなくネット上でリサーチして仕入れて、Amazon等で販売して利益を得る事

を言います。

 

具体的なネット上の仕入れ先には、ヤフオクやメルカリといったサイトや、あとは通販サイトなどがあります。

これらのサイトから安く仕入れて、アマゾン等で高く販売する事で利益を得る方法です。

 

これらのようにネット上から商品をリサーチして仕入れる事を、電脳せどりと言います。

ちなみに、ネット上ではなくブックオフやヤマダ電機などの店舗から仕入れる方法を店舗せどりと言います。

 

せどりはこの、

・電脳せどり

・店舗せどり

の2つに分けられます。

 

今は店舗より電脳せどりの方が断然おすすめ

未だに、

せどり=店舗で仕入れる

と思っている方結構多いんですが、

正直今は電脳せどりの方が断然おすすめです。

 

では何故電脳せどりの方がいいのか?

という事ですが、以下のようなメリットがあるからです。

 

電脳せどりのメリット

 

24時間いつでもどこでも仕入れができる

電脳せどりはネット上でリサーチをするので、いつでもどこでも仕入れをすることができます。

なので、副業で稼ぐにはもってこいです。

 

通勤の電車の中でも、会社のトイレの中でも←(笑)

スマホさえあればどこでもリサーチができてしまいます。

 

これが電脳せどりの最大のメリットですね。

店舗せどりだと、どうしてもこんなに自由に仕入れられません。

会社が時間に開いていっる店舗は少ないですし、開いていたとしてもわざわざその店舗まで移動して仕入れないといけませんからね。

 

完全在宅で商品を仕入れる事ができる

上のメリットと少し被りますが、

電脳せどりはネットで商品をリサーチして仕入れるので、一歩も外に出る事なく仕入れが終了します。

 

これが店舗せどりだと、車で店舗を1件1件回らないといけないんですよね。

その移動時間やガソリン代などを考えると、電脳せどりの方が効率が良いです。

 

さらに、暑い夏にも涼しい部屋でポチポチとクリックするだけで仕入れができる。。。

なんてメリットも電脳せどりならではですね。(笑)

 

店員の目が気にならない

電脳せどりはネット上で仕入れをするので、店員や周りの目は気になりません。

自分が好きなだけリサーチをする事ができます。

 

一方店舗せどりは、どうしても人の目が気になってしまうんですよね。

特に初心者の方からそのような悩みを頂きます。

 

周りの目が気になってリサーチできなければ、まず商品は見つかりません。

なので、そういった面からも電脳せどりはおすすめです。

 

 

電脳せどりのデメリット

以上、電脳せどりのメリットを挙げてきましたが、一応デメリットもあります。

 

商品が探しにくく、時間がかかる

電脳せどりは店舗せどりと比べて商品を探しにくいです。

例えば仕入れ先の1つであるヤフオクでは、常時5200万個の商品が出品されているようです。

 

こんなに商品があると、まずどこから探していけばいいのかわからない。。となってしまいがちです。

さらに、全国のせどらーがライバルなので、利益のでる商品を見つけるのに時間がかかります。

 

ただ利益の出る商品はネット上に必ずあるので、あとは時間の問題ですね。

しっかりリサーチをしていけば、必ず儲かる商品を見つけることができます。

 

送料がかかる事が多い

電脳せどりの場合、基本的に送料がかかります。

なので、送料までを加味して商品を仕入れなくてはいけません。

利益が出ているつもりが送料のせいで実は全く儲かっていなかった。。。なんてならないようにする必要がありますね。

 

実際のコンデションがわかりづらい

電脳せどりではその商品を触って確かめることができません。

基本的に、商品のコンディションは商品説明文や写真だけで判断する事になります。

なので、届いたら思っていた状態と違うなんてこともありえます。

 

これはもう経験を積むしかないですね。

やっていく内に実際のコンディションを掴めるようになっていきます。

 

 

電脳せどりの仕入先

では、電脳せどりのおすすめ仕入先についてです。

ヤフオク

 

まず1つ目のおすすめ仕入れ先はヤフオクですね。

言わずとしれた、日本一のネットオークションサイトです。

利用者数は2千万人近くいるみたいですね。

 

利用者数が多いという事は、それだけ出品されている商品数も多いということです。

実際、ヤフオクでは常時5200万個の商品が出品されているみたいです。

常にこれだけたくさんの商品が出品されているので、仕入先としてとても優秀です。

 

ヤフオクが安く仕入れられる理由

ヤフオクが安く仕入れられるのには以下のような理由があります。

 

素人出品だから

ヤフオクは素人の出品者が多く、信用度は低いです。

「落札しても商品がちゃんと届くんだろうか?」

なんて不安があるんですね。

だから安く仕入れられるわけです。

 

すぐに落札できないから

オークションという形式上、落札までに時間がかかります。

例えば、今すぐ商品が欲しいのにオークションの終了時間が5日後なんてこともありえます。

 

やはり、「欲しい商品はすぐに届いて欲しい!」という人は多いので、そのような人は別のサイトで購入します。

その結果ヤフオクは安くなりやすいんですね。

 

落札後のやりとりが面倒だから

商品の落札後、出品者と取引ナビやりとりを行う必要があります。

この手間が少し面倒なんですよね。

 

トラブルになる事は滅多にないんですが、それでもワンクリックで注文できるようなアマゾンと比べるとやはり面倒です。

なので、これもヤフオクが敬遠される理由の1つですね。

 

ヤフオクの美味しいところ

リピート仕入れが可能

ヤフオクの一番美味しいところは、

一度仕入れた商品は何回もリピートで仕入れられる事。

 

基本的に、ヤフオクの落札相場は大きく変わりません。

なので1回利益がでる商品を見つけたら、あとはそれを何回も繰り返し仕入れる事ができます。

 

例えばこの商品は僕が良くリピート仕入れをしている商品の落札相場なのですが、

いつも同じような価格で落札されています。

 

なので、出品されたらそれを仕入れるだけで終了です。

時間にしたら1分もかかりません。

 

リサーチにかかる効率がものすごくいいんですね。

 

 

メルカリ

 

2つ目の電脳せどりおすすめ仕入れ先は、メルカリです。

利用者数は、2018年の7月には1000万人を超えたようです。

 

これだけ利用者数が多いので、商品もたくさん出品されます。

事実、2018年7月には、累計出品数が10億を超えています。

 

今もその勢いは全く衰えていないので、これからもどんどん出品数は増えるでしょう。

 

メルカリが安く仕入れられる理由

メルカリが安く仕入れられるのは以下のような理由があります。

 

素人の出品なので値付けが甘い

メルカリを利用している人は、ほとんどが業者ではなく一般の人です。

なので、相場を知らず安く出品されている事がよくあるんですよね。

 

例えば、これは僕が前に仕入れた商品です。

 

17800円で仕入れましたが、これ実はアマゾンで32980円で出品されているんです。

 

15000円近く差がありますよね。

メルカリではこんな商品が定期的に出品されているんです。

 

これは、先程言ったように「出品者が価格の相場を知らずに出品している」のが理由ですが、他にも「早く売り切りたいから」という理由もありますね。

とりあえず、メルカリは本当に安く出品されている事が多いです。

 

 

値下げ交渉が可能

「価格交渉ができる」というのもメルカリの特徴です。

出品者も価格交渉される事を想定して、あえて値段を高くしている事は多いです。

なので、「ちょっと今の値段だと利益が出ないなー」という場合は、交渉をしたら値引きしてもらえる事がよくあります。

 

価格交渉をして失うものはないので、積極的にするといいですね。

 

 

送料無料が基本的に無料

メルカリはほとんどが送料無料です。

なので、出品されている金額そのままで仕入れる事ができます。

 

 

特に大型商品になると美味しいですね。

大きい商品は、送料だけで1500円とか掛かってしまう事もあるので。

 

仕入れる時に送料の計算をしないで済むのも嬉しいですね。

 

メルカリ仕入れの美味しいところ

即決なのですぐに仕入れができる

メルカリは即決で商品を購入できるので、すぐに仕入れができます。

 

なのでスピード感がいいんですよね。

 

一方ヤフオクの場合はオークション終了まで時間があるので、すぐに仕入れられないもどかしさはあります。

 

 

ネットショップ

 

他にもネットショップで仕入れるやり方もあります。

ケーズデンキやコジマなどのオンラインショップですね。

 

メリットとしては、一般の店舗が販売しているので安心感があるというのがあります。

一方のデメリットとしては、どうしても薄利になりやすいですね。

店舗が値付けをしているので、大幅に安くなっている商品に巡り会える事は中々ないです。

 

僕は薄利多売のやり方が好きではないので、あまりネットショップから仕入れる事はしませんが、

電脳せどり初心者の場合は、始めやすい仕入れ先になりますね。

 

電脳せどりで仕入れた商品の販売先は?

今まで電脳せどりやその仕入れ先について説明してきましたが、ではその仕入れた商品はどこで売れば良いのでしょうか?

やっぱり今流行っているメルカリ?

と思うかもしれませんが、メルカリは基本的に使いません。

販売先はAmazon一択になります。

 

何故販売先にAmazonがおすすめなのか

では何故アマゾンがおすすめなのか。その理由を解説していきます。

 

理由①:集客力が非常に高いから

Amazonの集客力は非常に高いです。

2020年の調査では、Amazonの月間利用者数は5,253万人で、楽天を抜きトップだったそうです。

これだけ人が集まると言うことは、商品も売れやすいという事。

なので、圧倒的集客力をもつAmazonで売るのが理にかなっているんです。

 

理由②:Amazonブランドの信頼が厚く、高値でも売れやすい

大企業Amazonのブランドの信用度は高いです。

例えばあなたが商品を買う場合、どちらがより安心感がありますか?

・オークションサイトを使って個人から買う

・Amaoznから買う

 

どうでしょうか?

おそらくAmazonから買う方が安心感があるんじゃないでしょうか。

出品しているのは同じ個人でも、「Amazon」と言うブランドがバックについてくれる事で、買う側は安心します。

という事は、他のサイトより多少値段が高くても売れるという現象が起こるんです。

少しでも高く売る必要がある「せどり」にとって、このメリットは大きいです。

 

理由③:FBAという超便利なサービスがあるから

AmazonにはFBAというとても便利なサービスがあります。

FBAとは、「Fulfillment by Amazon」の略で、

簡単に言うと、「あなたの商品を預かって、売れたらその梱包や発送、決済を全てAmazonが代行します」

というサービスです。

 

詳しくはこちらで解説しています。

 

商品の梱包や発送作業は本当に大変です。

商品が増えてくると、これだけで1日が終わってしまう事も珍しくないです。

これでは肝心の仕入れの方に時間が費やせないですよね。

副業でやっている場合は尚更です。

 

実際僕も、今扱っている商品の99%以上をこのFBAを使っています。

正直FBAがないとせどりはできないですね。

 

理由④:参入障壁が高い

個人で物を売るという意味では、一番有名なのはメルカリかもしれませんね。

メルカリは、スマホで気軽に商品を出品できるのが大きな魅力です。

だからこそ利用者数も多いわけですが、ここで注意して欲しいのは、

利用者数が多い=ライバルが多く稼ぎづらい

という事です。

 

これは当たり前の話ですよね。

ライバルが多くなると、自分の商品は売れづらくなります。

それを売り切ろうとすると、今度は値下げをする必要が出てきてしまいます。

 

やってみるとわかるんですが、Amazonで出品するにはいくつかステップがあり、初めてだとちょっと面倒に感じると思います。

でもだからこそ、ライバルの増加を抑える事ができているんです。

何でもそうですが、人がやりたがらない所に稼げるヒントがありますね。

この考え方は大事です。

 

 

Amazonで販売するにはどうしたら良いのか

まずはアマゾンの出品用アカウントを作成する必要があります。

やり方は以下に解説していますので参考にしてください。

 

 

実際のリサーチ方法

ではここから実際に、電脳せどりの仕入れ方法について解説していきます。

 

メルカリのリサーチ方法

まずはメルカリです。

メルカリのリサーチには、初級編と上級編があります。

初心者の方はまず初級編からできるようになるといいですね。

初級編のやり方は以下の記事で詳しく解説しています。

※月に数十万円稼ぐことのできる上級編の方法は、僕のメール講座の読者限定にお伝えしています。

 

 

オンラインショップでのリサーチ方法

続いてオンラインショップでの仕入れ方法です。

 

仕入れできる店舗一覧

まずは仕入れができるネットショップを紹介します。

もちろんこれらの他にも、オンラインで販売している店舗ならどこでも電脳せどりの仕入れ対象になります。

 

家電量販店

ケーズデンキオンラインショップ

コジマネット

ノジマオンライン

エディオン

ソフマップ

NTT-X store

サンワダイレクト

 

ゲーム、CD、DVD

TSUTAYA

GEO

駿河屋

タワーレコード

HMV

DVD-OUTLET

DMM通販

 

おもちゃ、ホビー

トイザらス

おもちゃ屋さんの倉庫

ハピネットオンライン

プレミアムバンダイ

イーカプコン

タカラトミーモール

 

ベビー用品

日本育児

アカチャンホンポ

 

リサイクルショップ

ハードオフ

ブックオフオンライン

トレジャーファクトリー

セカンドストリート

ネットオフ

 

具体的なリサーチ方法

ネットショップにアクセスしたら、次はリサーチです。

実はどの店舗でもリサーチのやり方は同じなんです。

 

アウトレット、訳あり、タイムセールの商品を狙うのが基本!

アウトレット

訳あり

タイムセール

といったカテゴリに絞ってリサーチしていきます。

 

例えばケーズデンキの場合、このようにアウトレットというカテゴリーがあります。

 

ここをクリックすると商品のジャンルを選ぶ画面になりますので、

好きなジャンルを選びます。

 

そして表示された商品を上から見ていけばOKです。

 

どの店舗でもこのようなジャンルがあるので、

同じ方法でリサーチをしていきます。

 

ちなみに、アウトレットや訳ありになっている理由は色々とありますが、

例えば外箱に汚れや傷があるといった程度であればAmazonで新品で売る事ができるので大丈夫です。

 

ヤフオクのリサーチ方法は無料メール講座の読者限定でお伝えしています

続いてヤフオク仕入れの方法を・・・といきたい所ですが、

ヤフオク仕入れは結果が出やすい分、あまりにも多くの人が実践すると稼ぎづらくなってしまうんでうよね。

 

なので僕の無料メール講座に登録して頂いた方限定で公開しています。

他にメルカリ仕入れの上級編やせどりで稼ぐためのノウハウを全てお伝えしているので、興味があれば登録しておいて下さい。

 

今なら月5万円を稼ぐ事ができる内容を詰め込んだ「せどりの手引書」を無料で配布しています。

 

【登録はこちらから】