せどりQ&A

FBAマルチチャネルサービスのダンボールを無地に申請・変更する方法

2018/10/31

 

 

こんにちは!HIROです。

 

Amazonには、FBAマルチチャネルサービスという便利なサービスがあるのですが、

購入者の元に届くダンボールにAmazonのロゴが入ってしまっているというのが懸念点の1つになっていました。

 

購入者からすると、

Amazonで購入したわけでもないのになんでAmazonから荷物が来るんだ?

となるわけです。

 

そこで、Amazonは、

ダンボールをロゴの入っていない無地のものに変更できますよ

というサービスを始めました。

が、無地ダンボールを使用できる納品倉庫が以下の4箇所だけに固定されていたんですね。

・小田原(FSZ1)
・川島(HND3)
・大東(KIX2)
・川越(NRT5)

なので、

無地ダンボールに入れて送りたい商品は、上記FBA倉庫を指定して送る必要がありました。

 

私はそれが面倒だったので無地ダンボールのサービスを利用していなかったのですが、

2017年6月より、

HND2以外の全てのFBA倉庫で無地ダンボールのサービスを利用することができるようになりました。

 

これでこのサービスを利用しやすくなりましたね。

 

ただ、このサービスを利用するにはAmazonに申請をする必要があります。

申請自体は1分程度でできます。

以下その申請方法を紹介します。

 

無地ダンボールの申請方法

申請はAmazonにメールを送るだけです。

送る内容は以下の通りです。

宛先 : jp-fba-mcf@amazon.com


件名:無地ダンボールでのマルチチャネルの出荷希望


本文:無地ダンボールでのマルチチャネルの出荷を希望します。

①出品者様の正式名称 - 「       」
②Eメールアドレス   - 「         」

 

 

①は、セラーセントラルの出品用アカウント情報に登録されている「出品者の正式名称」を記載します。

アマゾンセラーセントラルの「設定」から「正式名称/販売業者名」で確認できます。

 

 

②は、出品者アカウントに登録しているEメールアドレスです。

同じく「設定」から、「出品者のプロフィール」で確認できます。

 

これでメールを送れば申請完了です。

2週間も待てば、Amazonからこのようなメールが届きます。

 

これで無地ダンボールを利用する事ができるようになりました。

 

注意:配送ラベルの送り元の住所は、依然「アマゾン」の住所のまま

上記方法でダンボールを無地にすることはできたのですが、

注意して欲しいのは、以前として配送ラベルの送り元の住所には、「アマゾン」の住所が記載されてしまうことです。

 

なので、どちらにしても購入者からすると「Amazonから?」となってしまいます。

そこで、事前に購入者には「Amazonが代行発送します」ということを伝えた方が良いですね。

 

私はヤフオクにFBAマルチチャネルサービスを使うのですが、

・説明欄

・配送方法

にこのように代行発送の旨を記載しています。

 

 

この情報を伝えてあげることによって、トラブルを防ぐ事ができます。

 

終わりに

以上、FBAマルチチャネルサービスの無地ダンボール申請方法についてでした。

申請は簡単なので、すぐにできると思います。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

ブログでは話せない濃い内容をお届けしていますので、良かったら登録してください。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

-せどりQ&A

1日1時間で月30万稼ぐ無料メール講座
今なら「せどりの手引書」をプレゼントしています
月30万稼ぐ為のメール講座
せどりの手引書をプレゼント