AmazonのFBA(フルフィルメント by Amazon)とは?せどりで絶対使うべき理由も解説

 

こんにちは!HIROです。

 

Amazonで商品を販売するには、

・FBA(フルフィルメント by Amazon)

・自己発送

の2つがあります。

 

初心者の方はどちらが良いか迷うかもしれませんが、

基本的にFBAを使ってください。

 

Amazonせどりで稼ぐためにはFBAは必須です。

僕自身、月収30万円以上を稼ぎ続けていますが、ほぼ100%FBAを使っています。

 

なので、FBAについてはきっちりと理解しておきましょう。

 

この記事では、

・FBAとは?

・自己発送との違いは?

・FBAのメリット、デメリット

・手数料はどれくらいかかる?

・せどりでFBAは稼げない?

・実際のFBAの使い方

 

といった内容について解説していきます。

 

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは

 

まず、FBAって何なんでしょうか。

 

FBAとは、

フルフィルメント by Amazon

の略です。

 

この「フルフィルメント」とは、

「商品の受注から発送、決済に至るまでの業務全般」のことを意味します。

つまり、注文を受けた商品の梱包や発送、決済について、全てAmazonが代行しますよ。

 

っていうサービスなんです。

 

これだけだと分かりづらいかもしれないので、例を出して解説しますね。

 

もしFBAを使わずに自己発送でせどりをする場合、以下の作業が全て必要になります。

・自己発送でせどりをする場合

①出品したい商品を登録する

②登録した商品を自宅で在庫として保管する

③注文が入ったら、自分で商品を梱包する

④届け先の住所を記入し、自分で発送する

 

しかし、FBAを使った場合は、上記②〜④の作業をAmazonがやってくれます。

 

つまり自分がやることは、ただこれだけです。

・FBAを使ってせどりをする場合

①出品したい商品を登録する

②商品が溜まったらまとめてAmazonに発送する

 

Amazonが商品を受領したあとは専用倉庫で保管してくれ、注文が入った際の梱包や発送作業もAmazonが全てやってくれます。

なのでせどりがものすごく楽になるサービスなんですね。

 

自己発送と比較した時のFBAのメリット・デメリット

続いて自己発送と比べたFBAのメリットとデメリットについてです。

 

FBAのメリット① 作業時間を大幅に短縮できる

FBAを利用した場合、自己発送の以下の作業をAmazonに代行してもらうことができます。

①出品した商品を自宅で保管する

②注文が入ったら、自分で商品を梱包する

③届け先の住所を記入し、自分で発送する

 

これ、やってみるとわかるんですが、全て自分でやるのって結構大変です。

 

1つだけならいいんですが、これが数十個となるととんでもない作業量になってしまいます。

今日は30個売れたから全部梱包して郵便局に持って行って。。

次の日は40個売れたからまた梱包して郵便局に持って行って。。。

 

しかも、宛先も全てばらばらですよ?

ミスも十分に起こり得ます。

 

商品が売れるのは嬉しいのに、その分作業量が増えてしまって嫌だ。。。

と言うジレンマに陥ってしまうわけです。

 

しかし、FBAを利用してしまえば、自分が行う作業は

出品したい商品が溜まったらまとめてAmazonに送る

 

ただこれだけです。

 

FBAを利用することで、自己発送と比べ作業時間が何倍にも短縮されます。

空いたその時間を仕入れに使うことで、さらに利益拡大を目指すこともできます。

 

FBAのメリット② 自己発送の出品者より高い値段で売れる

FBAを利用した場合は、自己発送の出品者より高い値段を設定したとしても、自分の商品が売れます。

どうして?と思うかもしれませんが、以下のような理由がある為です

 

自己発送より高く売れる理由① ショッピングカートボックスを取得できるから

ショッピングカートボックスというものを知っていますか?

ショッピングカートボックスとは、Amazonで商品を買うときに表示されるこれのことです。

 

 

おそらくあなたもアマゾンで買い物をしたことがあると思いますが、

商品を買う時はここから「カートに入れる」ボタンをクリックし、購入していることが多いのではないでしょうか。

 

ただ、ここに表示されているのは数いる出品者の中の1人だけなんです。

他の出品者はこちらから見ることができます。

 

 

 

 

ただ、ここまで見る人ってあんまりいなんですよね。

殆どの人がカートボックスから購入しています。

もし他の出品者がそれよりも安く売っていたとしてもまず気づきません。

 

なので私たちからすると、このカートボックスを取れるかが超重要なわけですね。

 

そしてこのショッピングカートボックスですが、

FBAと自己発送の両方の出品者がいた場合は、FBAの出品者が優先して獲得することができます。

 

その為、FBAで出品することで、自己出品者と比べて高い価格設定をしたとしても、自分の商品が売れる訳ですね。

 

ちなみに、FBA以外にもショッピングカートボックスを取得しやすい条件があります。

これも大切なので、ぜひ読んでみてください。

 

自己発送より高く売れる理由② 発送が早いから

他にも自己発送より高く売れる理由があります。

まず、FBAはアマゾン倉庫からの発送なので、年中無休24時間対応しています。

つまり、注文を受けてから発送までが非常に早いんです。

 

以下のようにFBA販売者と自己発送販売者の予定到着日時が書いてありますが、

FBAを使った方がすぐ購入者の元に届きます。

 

 

さらに、FBA販売者から買った場合のみ、「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」も選択することができます。

ちょっと待つくらいなら、多少高くても早く届く方を買う!と人も多いです。

 

これは、実際に私が売った商品の一覧になります。

赤枠で囲っているのが出荷タイプなんですが、エクスプレス便(お急ぎ便)で注文している人が非常に多いです。

体感的には6〜7割ですね。

それだけ、このサービスを利用したい人が多いわけです。

 

この2つの理由で、自己発送よりFBAを使った方が高く売れやすいです。

 

FBAのメリット③ 発送しなくてはならないというプレッシャーがなくなる

次にFBAのメリット3つ目です。

 

FBAを利用することで、発送しなくてはならないというプレッシャーがなくなります。

 

自己発送だと、注文が入ったら

「早く発送しないと!」

となってしまいます。

遅いとクレームに繋がってしまうので。。

 

ただ、FBAを利用すると、商品の発送をアマゾンがやってくれるので、自分は何もしなくて構いません。

ただ、「FBA注文商品が発送されました」と言うメールを見てホクホクしているだけです笑

 

FBAのデメリット① 手数料がかかる

では次にFBAのデメリットについてです。

まず1番のデメリットは、手数料がかかるという事です。

 

これだけアマゾンが代行をしてくれて、無料なわけがないです。

 

ではまず、手数料はどれだけかかるのか。

それを解説していきます。

まず、FBAにかかる手数料は大きく分けて以下の2つがあります。

・配送代行手数料

・在庫保管手数料

 

それぞれどれくらいかかるのか、この商品を例にしてお話しします。

 

配送代行手数料

まずは配送代行手数料についてです。

上記商品を2000円で売るとして、FBA料金シュミレーターで計算してみるとこうなりました。

 

左がFBA無し

右がFBA有り

で比較しています。

 

※このFBA料金シュミレーターは、FBAを使った場合の手数料がいくらになるか計算してくれるツールです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

 

そして赤枠で囲った部分「フルフィルメント by Amazonの手数料」が、FBAの配送代行手数料になります。

これのFBA有りを見ると、手数料が514円かかっている事が分かります。

つまり、1個の商品を売る事に、FBAだとこの514円がプラスでかかってしまうという事ですね。

 

さらに、今回は結構小さい商品だったんですが、大きい商品の場合はさらに手数料が上がります。

こちらがサイズ毎のFBA配送代行手数料ですが、大きい程手数料が上がっています。

 

なので大きい商品を仕入れる際は注意が必要になります。

 

在庫保管手数料

では次に、もう1つの手数料である在庫保管手数料についてです。

こちらはFBA料金シュミレーターだと赤枠で囲った部分になります。

 

在庫保管手数料は、Amazonの倉庫での商品の保管代ですね。

今回の場合は41円です。

 

在庫保管手数料は、基本的にはそこまで高く有りません。

 

ただこれも商品が大きくなると高くなりますし、

商品が中々売れずにずっと倉庫に保管していると、どんどん加算されていってしまいます。

 

こちらが在庫保管手数料の計算式です↓

 

この2つがFBAの主な手数料になります。

今回の例だと、

・配送代行手数料:514円

・在庫保管手数料:41円

で合計して大体550円くらいかかったという計算ですね。

 

なので、この550円を差し引いても利益が出る商品を仕入れる必要があります。

ただ、正しい方法でせどりをしていれば、

それでも利益を出せる商品はちゃんと見つかりますので問題ないです。

 

FBAのデメリット② Amazon倉庫まで送る送料がかかる

今までFBAが手数料がかかるというお話をしてきましたが、

さらにAmazon倉庫に送る送料もかかってきます。

 

これも小さくない出費ですが、以下の方法でできるだけ送料を抑える事ができます。

 

FBAの送料をできるだけ安くする方法① FBAパートナーキャリア ヤマトサービスを使う

Amazon倉庫に商品を送る方法は色々とありますが、現時点でのおすすめは

FBAパートナーキャリア ヤマトサービスを使う方法になります。

これが一番安いです。

 

このように、例えば140サイズを送る場合は最安で608円160サイズを送る場合は最安で762円で送れます。

(引用:Amazon公式サイト)

 

普通に配送する事と比べると圧倒的に安いですよね。

詳しくはこちらで解説しています。

 

FBAの送料をできるだけ安くする方法② できるだけ多くの商品を段ボールに詰めて送る

別に1つの商品につき1つの段ボールまでという制限がありませんので、

できる限り多くの商品を1つの段ボールに詰めた方が安くなります。

 

例えば1つの段ボールを送る際に500円の送料がかかるとしても、そこに50個商品を入れる事ができたら、

商品1個あたりにかかる送料はたったの10円になります。

10円なら正直誤差範囲ですよね。

 

ただ、FBAで使える段ボールのサイズに上限がありますので注意しておきましょう。

以下のようになっていますが、基本的に140サイズや160サイズで送るのがいいですね。

【引用:Amazon公式サイト】

 

 

FBAのデメリット③ 出品までにやや時間がかかる

3つ目のデメリットとしては、出品までにやや時間がかかるというのがあります。

 

FBAを利用した場合の出品までの流れは、

①出品したい商品を登録する

②商品が溜まったらまとめてAmazonに発送する

③Amazonが商品受領、出品手続きを行う

となります。

その為、amazonに商品を発送してから出品までに、日数としては最短でも3日程度かかります。

 

一方自己配送の場合は

①出品したい商品を登録する

これで出品完了です。

 

つまり、早く売りたい商品がある場合は、自己発送の方が良いということになります。

早く売りたい商品とは、主にシーズンやトレンド物になりますね。

 

例えば今の季節が夏だとして、夏向けの商品を仕入れたがもう秋に向け気温が下がり始めてしまった。

FBA発送をしているとその間に価格が暴落してしまう。。。

このような場合ですね。

 

ただ、3日程度で価格が暴落してしまうものを仕入れている時点で正直仕入れミスですし、

本当の緊急事態の時の為と考えた方が良いです。

 

FBAデメリット④ 売価の低い商品だと損をすることも

また、売価が低い商品だと手数料によって利益が出なくなります。

 

上の例で挙げた商品にかかるFBA手数料は550円程度でした。

 

そのため、もしこの商品を400円で販売する場合、

手数料550円が引かれて利益はむしろマイナスになってしまいます。

 

その為、売価の低い商品を出品する場合は注意が必要です。

※ただ、そもそも売価の低い商品を扱うと、どうしても一点あたりの利益が低くなります。

そのため、売価を伸ばす為には膨大な数の商品を売る必要があるので、

単価の低い商品を扱うこと自体あまりおすすめはしていません。

 

せどりでFBAは儲からない?

以上がFBAのメリットとデメリットになります。

特にデメリットの手数料がかかるのが痛いなーと思ったのではないでしょうか。

 

確かに手数料が引かれてしまうのはしんどいです。

ただ、それよりもメリットの方がはるかに上回っているので、

「手数料が引かれるからFBAは使わない!」というのは非常にナンセンスです。

 

正しい方法でせどりをしていれば、手数料が引かれても十分利益を出すことができますので、

儲からないなんて事はあり得ないです。

 

もし既にFBAをされていて儲からない。。となっている場合は、

是非以下の記事を読んでみてください。

 

 

Amazonせどりで稼ぐにはFBAは必須です

最初にも書きましたが、

Amazonせどりをするなら、FBAは必ず使ってください。

 

FBAを使わないと作業量が増えすぎてすぐに限界がきます。

さらに自分の商品が全然売れなくなってしまいます。

 

私も長くせどりをやっていますが、

FBAがないせどりはもう考えられないですね。

 

FBAを使う方法は?

FBAを使うのに特別な申込み等は必要ありません。

誰でもすぐに使うことができます。

 

FBAの実際に使い方についてはこちらを参照してください。

 

ちなみによく勘違いされている方がいるのですが、大口出品でも小口出品でもFBAは使えます。

なので月額5000円程度を払わないとFBAが使えない。。という事もないので安心してください。

 

 

1日1時間の作業で月30万円稼ぐ方法は、無料メール講座の読者限定でお伝えしています

以上、FBAについて解説しました。

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

・僕がどうやって月収30万円を稼ぎ続けているのか?
・商品はどこで仕入れて、どこで販売しているのか?
・仕入れている商品のジャンル
・少ない時間で利益を出す方法
・赤字を出さない方法
・売上を伸ばすための本質的な考え方やテクニック
・稼ぐために必要な考え方

といった、せどりの核となる情報をお伝えしていますので、ぜひご登録ください。

今なら月5万円稼ぐ為の「せどりの手引書」をプレゼントしています。

登録はこちらから


 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です