せどりの基礎知識

FBAとは何か?自己発送とどちらが良いかメリットとデメリット比較

2018/11/05

 

 

こんにちは!HIROです。

アマゾンに初めて商品を出品する場合、このように配送オプションに

1.商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)

2.商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)

の2つがあり、

どちらを選んだらいいんだ。。。

となってしまうと思います。

 

 

結論から言えば、

基本的にFBAを選択してください。

ということになるのですが、

 

以下に

・そもそもFBAとは何なのか

・何故FBAを選択した方が良いのか

といった疑問が解決されるように解説しましたので参考になればと思います。

 

 

自己発送とは

まず、自己発送とは何かということを先に解説します。

 

商品登録画面の配送オプションで、

商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)

を選択した場合は自己発送となります。

 

自己発送とは上にも書いている通り、

商品が売れた場合、自分で商品を発送する

と言うことですね。

 

具体的にどのような作業が発生するかというと、

①出品したい商品を登録する

②登録した商品を自宅で保管する

③注文が入ったら、自分で商品を梱包する

④届け先の住所を記入し、自分で発送する

というものになります。

 

FBAとは

では続いてFBAです。

 

商品登録画面の配送オプションで、

商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)

を選択した場合はFBAとなります。

 

そもそもFBAとは何なんでしょうか。

 

FBAとは、

Fulfillment by Amazon

の略です。

 

ビジネスにおいて「Fulfillment」とは、

「商品の受注から発送、決済に至るまでの業務全般」のことを意味します。

つまり、注文を受けた商品の梱包や発送、決済について、全てAmazonが代行しますよ。

 

っていうサービスなんです。

 

先ほど説明しましたが、自己発送の場合はこのような作業が発生します。

①出品したい商品を登録する

②登録した商品を自宅で保管する

③注文が入ったら、自分で商品を梱包する

④届け先の住所を記入し、自分で発送する

 

しかし、FBAを利用した場合は、上記②〜④の作業をAmazonがやってくれます。

 

自分がやることは、

①出品したい商品を登録する

②商品が溜まったらまとめてAmazonに発送する

 

ただこれだけです。

Amazonが商品を受領したあとは専用倉庫で保管してくれ、注文が入った際の梱包や発送作業もAmazonが全てやってくれます。

 

 

自己発送と比較した時のFBAのメリット・デメリット

メリット

作業時間を大幅に短縮できる

FBAを利用した場合、自己発送の以下の作業をAmazonに代行してもらうことができます。

①出品した商品を自宅で保管する

②注文が入ったら、自分で商品を梱包する

③届け先の住所を記入し、自分で発送する

 

これ、やってみるとわかるんですが、全て自分でやるのって結構大変です。

 

1つだけならいいんですが、これが数十個となるととんでもない作業量になってしまいます。

今日は30個売れたから全部梱包して郵便局に持って行って。。

次の日は40個売れたからまた梱包して郵便局に持って行って。。。

しかも、宛先も全てばらばらですよ?

商品の取り間違いも起きるでしょう。

宛先の書き間違いもででくるでしょう。

その際には再度発送し直さないといけないですよね。

商品が売れるのは嬉しいのに、その分作業量が増えてしまって嫌だ。。。

と言うジレンマに陥ってしまうわけです。

 

しかし、FBAを利用してしまえば、自分が行う作業は

出品したい商品が溜まったらまとめてAmazonに発送する

 

ただこれだけです。

 

FBAを利用することで、自己発送と比べ作業時間が何倍にも短縮されます。

空いたその時間を仕入れに使うことで、さらに利益拡大を目指すことも可能です。

 

自己発送の出品者より高い値段で売れる

FBAを利用した場合は、自己発送の出品者より高い値段を設定したとしても、自分の商品が売れます。

どうして?と思うかもしれませんが、以下のような理由がある為です

 

・ショッピングカートボックスを取得できる

ショッピングカートボックスというものを知っていますか?

ショッピングカートボックスとは、Amazonで商品を買うときに表示されるこれのことです。

 

おそらくあなたもアマゾンで買い物をしたことがあると思いますが、

商品を買う時はここから「カートに入れる」ボタンをクリックし、購入していることが多いのではないでしょうか。

 

ただ、ここに表示されているのは数いる出品者の中の1人だけなんです。

他の出品者はこちらから見ることができます。

 

ただ、ここまで見る人ってあんまりいなんですよね。

殆どの人がカートボックスから購入しています。

 

つまり、このショッピングカートボックスを自分が取得することができれば、

他の出品者より価格が高くとも、高確率で自分の商品が購入されます。

他にも安く出品されていることに、そもそも気づいていない人が圧倒的に多いんです。

(あと、カートボックスはAmazon本体が販売していると思っている人も多い。。。)

 

そしてこのショッピングカートボックスですが、

FBAと自己発送の両方の出品者がいた場合は、FBAの出品者が優先して獲得することができます。

 

その為、FBAで出品することで、自己出品者と比べて高い価格設定をしたとしても、自分の商品が売れる訳ですね。

 

ちなみに、FBA以外にもショッピングカートボックスを取得しやすい条件があります。

知りたい方は以下を参考にしてみてください。

 

・Amazonブランドの恩恵を受けることができる

FBAを利用した出品者は、このように「Prime」マークがつきます。

(ちなみにその上が自己出品者です)

 

そしてFBA出品者には、「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」と表示されます。

この表示が購入者にとって大きいんです。

よく知らない出品者から購入するより、多少高くてもAmazonの名がついた出品者から買う。

特に高額な商品になるほどその傾向が強いです。

 

ネット通販だと、

買ったんだけど本当に届くんだろうか。

騙されないだろうか。。

という不安を購入者は抱きます。

しかし、Amazonから発送される商品だから大丈夫!と購入者が安心してくれるんですね。

 

 

・発送が早く、さらに「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」を選択できる

他にも購入者がFBAの商品を購入するメリットがあります。

まず、FBAはアマゾン倉庫からの発送なので、年中無休24時間対応しています。

つまり、注文を受けてから発送までが非常に早いんです。

 

さらに、Amazonのサービスとして、「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」も選択することができます。

ちょっと待つくらいなら、多少高くても早く届く方を買う!と人も多いです。

 

これは、実際に私が売った商品の一覧になります。

赤枠で囲っているのが出荷タイプなんですが、エクスプレス便(お急ぎ便)で注文している人が非常に多いです。

体感的には6〜7割ですね。

それだけ、このサービスを利用したい人が多いわけです。

 

 

発送しなくてはならないというプレッシャーがなくなる

ちょっと長くなってしまいましたが、FBAのメリットに戻ります。

FBAを利用することで、発送しなくてはならないというプレッシャーがなくなります。

 

自己発送だと、注文が入ったら

早く発送しないと!

となってしまいます。

遅いとクレームに繋がってしまうので。。

 

ただ、FBAを利用すると、商品の発送をアマゾンがやってくれるので、自分は何もしなくて構いません。

ただ、「FBA注文商品が発送されました」と言うメールを見てホクホクしているだけです笑

 

デメリット

手数料がかかる

これだけアマゾンが代行をしてくれて、無料なわけがないです。

代行手数料を支払う必要があります。

 

なんだーやっぱりかかってしまうのか。。。

と思いましたか?

 

もし思ったならちょっと待ってください!

 

FBAのメリットの2つ目を思い出してください。

 

 

 

 

「自己発送の出品者より高い値段で売れる」

 

 

 

ですね。

つまり、手数料で費用が余分にかかったとしても、その分商品の価格を高く設定することで相殺することができるんです。

 

ではまず、手数料はどれだけかかるのか。

以下はそれぞれの商品を30日保管した場合の手数料の例です。

 

ざっくりと、これだけかかるんだなーと思って貰えば大丈夫です。

 

手数料の計算方法はもちろんあるんですが、それを説明しだすととんでもない長さになりますし、

私自身もちゃんと把握していません笑

 

大体200円程度、大型になると高くなる

 

これくらいで大丈夫です。

(ちなみに月額ではなく、商品1点毎に費用がかかります)

 

ではこの値段分を、自己発送者より高く設定して売れるのか。

 

これ、余裕で売れるんです。

実は数百円どころじゃなく、1000円以上高くても普通に売れます。

 

ショッピングカートボックスが取れていたら、そもそも自己発送で出品されていることを知らずワンクリックで購入する人が多いですし、

もし、自己発送で出していることを知っていても、購入者にとってFBAのメリットが大きすぎるので、FBAの出品者を選んでくれます。

 

つまりFBAを利用することで、自己発送より実質得をする事が多いんです。

その為、手数料がかかるというのは一見デメリットに感じるんですが、

実は全く問題ではないんです。

 

 

出品までに時間がかかる

FBAを利用した場合の出品までの流れは、

①出品したい商品を登録する

②商品が溜まったらまとめてAmazonに発送する

③Amazonが商品受領、出品手続きを行う

となります。

その為、amazonに商品を発送してから出品までに、日数としては3日程度かかります。

 

一方自己配送の場合は

①出品したい商品を登録する

これで出品完了です。

 

つまり、早く売りたい商品がある場合は、自己発送の方が良いということになります。

早く売りたい商品とは、主にシーズンやトレンド物になりますね。

 

例えば今の季節が夏だとして、夏向けの商品を仕入れたがもう秋に向け気温が下がり始めてしまった。

FBA発送をしているとその間に価格が暴落してしまう。。。

このような場合ですね。

 

ただ、3日程度で価格が暴落してしまうものを仕入れている時点で正直仕入れミスですし、

本当の緊急事態の時の為と考えた方が良いです。

 

単価の低い商品だと損をすることも

FBAの手数料は200円程度です。

そのため、単価の低い商品(例えば200円程度のもの)を扱ってしまうと、

利益がマイナスになってしまうことがあります。

その為、売価の低い商品を出品する場合は注意が必要です。

※ただ、そもそも売価の低い商品を扱うと、どうしても一点あたりの利益が低くなります。

そのため、売価を伸ばす為には膨大な数の商品を売る必要があるので、

単価の低い商品を扱うこと自体あまりおすすめはしていません。

 

どちらを使えば良いのか

以上、FBAのメリット・デメリットを解説しました。

解説した通り、FBAにはほぼメリットしかないので、

基本的にFBAを使ってください。

 

自己発送をした方が良いのは以下のような場合です。

・どうしてもすぐに出品したい場合

・単価が低い商品を出品する場合

 

 

ちなみに、FBAでの出品方法についてはこちらの記事で解説しています。

 

 

では以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

ブログでは話せない濃い内容をお届けしていますので、良かったら登録してください。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

 

 

-せどりの基礎知識

1日1時間で月30万稼ぐ無料メール講座
今なら「せどりの手引書」をプレゼントしています
月30万稼ぐ為のメール講座
せどりの手引書をプレゼント