【2019年】FBA納品(出品)方法は?やり方と手順【Amazonせどり】

 

こんにちは!HIROです。

今回は、FBA出品する際の手続きを1から解説します。

FBAは自己発送と違い少しややこしいので、わかりやすく解説していきますね。

※ちなみに、FBAと自己発送の違いについては、こちらの記事で解説しています。

また、自己発送のやり方についてはこちらに記載しています。

 

今回はこの商品を中古品として出品すると仮定して説明します。

 

 

商品を登録する

まず、自分が売りたい商品を登録する必要があります。

これは自己発送でも同じですね。

※以前自己発送の方法を解説した記事を引用しています。

 

Amazonのトップページにアクセスします。

 

そして、上の検索窓から出品したい商品を検索します。

 

 

おすすめの検索方法としては、その商品のJANコードを入力することです。

JANコードとは、商品毎に固有にふられた番号のことです。

このコードで検索することで、商品の取り間違えがなくなるわけですね。

JANコードは基本的に商品のパッケージに記載されています。

 

このコードを検索欄に打ち込みます。

※もしJANコードがわからない場合は、商品名を直接打ち込みましょう

 

 

そうすると、このような検索結果が表示されました。

 

商品をクリックし、表示された商品と今回出品したい商品が合っているかを確かめます。

 

今回の例では、ソフトがパッケージ版か、またはダウンロード版かといった違いがあリます。

また、通常ソフトかAmazon限定特典付きソフトか、またはダブルパックか。。。

というように同じものでも複数の種類があります。

 

先ほど説明した通り、JANコードとは商品毎に個々にふられた番号なので、例えばパッケージ版やダウンロード版ではそれぞれJANコードが違っています。

その為、基本的にJANコードで検索した場合は、該当する商品が表示されるようになっていますが、念のため自分の出品する商品と合っているか確認してください。

 

そして、ページを少し下にスクロールし、右下の「マーケットプレイスに出品する」ボタンをクリックします。

※たまにこの「マーケットプレイスに出品する」ボタンが表示されない場合があります。

その場合の出品方法は以下を参考にしてください。

 

すると、このような商品登録ページになります。

 

右の詳細表示のタブをクリックします。

 

 

ここから必要な情報を入力していきます。

色々と欄がありますが、入力する場所は基本的にこの3つでOKです。

(中古品を出品する際は、さらに写真を登録する必要があります。)

 

 

商品登録ページの書き方

①販売価格

まず自分が販売したい価格を入力します。

ただ、Amazonで商品を売った事がない場合はいくらに設定したらいいのかわからないですよね。

なので以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

②コンディション

 

 

次にコンディションを決めます。

今回は中古品を出品するので、中古を選択します。

ただ、中古の中でも、「可」「良い」「ほぼ新品」「非常に良い」と4つのコンディションがあります。

 

初めてでどれにしたらわからない。。。となるとかもしれません。

かなりざっくりとなりますが、

大きな汚れやダメージがない一般的な中古品であれば、「良い」のコンディションで販売して大丈夫です。

あとは、他の出品者のコンディションを参考にしてみるのもいいですね。

 

ちなみにコンディションの選び方は、こちらのAmazon公式サイトににて定められているので読んでみてください。

Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン

 

ちなみに新品を出品する場合は、何も考えず「新品」を選択してもらってOKです。

 

③コンディション説明

 

こちらは商品のコンディション説明文になります。

特に中古品を出品する場合は、この説明文の書き方で売り上げが大きく左右されます。

説明文の書き方やテンプレについてはこちらの記事にて公開しているので参考にしてみてください。

 

 

④写真の挿入

 

 

コンディションを中古にした場合、写真を登録する項目が出てきます。

写真を撮るのは少し面倒ですが、ここは必ず入れましょう。

 

百聞は一見に如かずと言いますが、

いくらコンディション説明文を詳しく書いたとしても、実際にその商品を撮った方が状態を正確に伝えられます。

 

例えばキズが少しあると書いていたとしても、その「少し」は人によって感じ方が違います。

写真を入れることによって、相手が状態をしっかりと理解してくれ、購入時の不安も解消されるんですね。

そして結果的に、写真を撮っていない出品者よりも確実に売れ行きがよくなります。

 

写真はスマートフォンなどで撮ったものをそのまま使えばOKです。

商品の状態がわかるように何枚か撮って載せるといいです。

 

フルフィルメントチャネルの項目で「FBA在庫」を選択する

 

 

全て入力し終わったら、一番下のフルフィルメントチャネルの項目で

「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」

を選択し、「保存して終了」をクリックします。

※ちなみに、その上の「商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」を選択すると、自己発送となります。

 

 

以上で商品登録は完了になります。

次にFBA納品の手続きを行なっていきます。

 

FBA納品の手続きを行う

 

上記手順を終了後、このような画面になりますので「保存して次に進む」をクリック

 

危険物情報の提供画面になります。

赤枠で囲った「危険物情報を追加」をクリックしてください。

 

・電池情報

・製品規制情報

の2つを入力する画面が出てきます。

 

電池情報は、出品する商品が、電池もしくは電池を使用しているかを選択。

※電池を使用している際は、少々記入がやっかいな場合があります。

例えばこのように、リチウムイオン電池を使っている場合は電池1個あたりのセル数等を入力する必要があります。

 

これは書くのが大変ですよね?

なのでその際の回避方法をこちらに記載しています。

ただし、本来は書く必要があるものなので、回避する際は自己責任でお願いします。

 

製品規制情報は、商品が危険物に該当している場合は「はい」を選択する必要があります。

危険物に該当する主なものは、

・ヘアスプレー

・香水、アロマオイル

・殺虫剤

・酸素系・塩素系漂白剤

などです。

その他含め詳しくはこちらに記載されています。

危険物確認ガイド

 

商品が危険物に該当する事はあまりないので、基本的には問題なく納品する事ができると思います。

 

 

情報入力後、「保存して次に進む」をクリック。

 

プランを、「新規の納品プランを作成」、梱包タイプを「個別の商品(異なる商品で構成)」を選択し、「続ける」をクリック。

数量を入力

出品する数量を入力します。

今回は1つなので「1」を入力し、「続ける」をクリック。

 

商品の準備

するとこんな画面になりますが、こちらは何も入力する必要はなく「続ける」をクリックしてください。

 

商品ラベルを貼付

次に、商品ラベルというものを商品に貼り付ける必要があるのですが、

その貼り付けを、

・Amazonに行ってもらうのか

・自分で行うのか

を選択します。

Amazonでラベルを貼り付けてもらった方が楽なのですが、貼り付け可能な条件としてJANコード等のバーコードが商品についている必要があります。

新品商品の場合はバーコードは必ずありますが、中古品の場合は箱がないものも多いので、この貼り付けサービスが適用されませんので注意してください。

 

今回は自分でラベルを貼り付ける方法で解説します。

ラベル貼付の箇所で、「出品者」を選択してください。

 

次に、同画面で「ラベルを印刷」をクリックし、ラベルをダウンロードします。

 

ダウンロードしたファイルを開いてください。

 

これをプリンターで印刷します。

注意点として、印刷する用紙は普通紙ではなく、ラベルシールに印刷する必要があります。

私はラベルシールはこれを使っています。

コクヨ カラーレーザー インクジェット ラベル

 

これでなくても、ラベルサイズが同じものであれば使用可能です。

 

印刷をするとこのようになりますので、シールを剥がして商品に貼り付けます。

 

貼り付ける際、商品にバーコードが記載されている場合は、そのバーコードを隠すようにシールを貼り付けます。

もしバーコードがない場合はどこに貼り付けてもOKです。

 

※ちなみに、外箱のないような商品の場合は、ラベルシールを貼る前に商品をプチプチなどの緩衝材に包んであげた方が良いです。

緩衝材に包んだ上から、ラベルシールを貼って下さい。

 

 

ラベルの貼り付けが完了したら、先程の画面で「続ける」をクリック

 

納品の確認

そして、特に何も入力する必要はないので「納品を作成する」をクリックしてください。

 

納品を表示

 

こちらも特に何もする必要はないので、「納品作業を続ける」をクリック。

 

すると、こんな画面になりますね。

 

これでひとまず納品プラン作成は完了です。

 

ダンボール箱に商品を詰める

納品プラン作成が完了したら、次にAmazonに送りたい商品をダンボールに詰めます。

ダンボールはこんな汚いものでも大丈夫です。

 

このダンボールが購入者に直接届くわけではなく、一度Amazonの倉庫で開封され、Amazon専用の綺麗なダンボールに梱包し直されます。

基本的にはどんなダンボールでも良いのですが、一応Amazonに規約があります。

こちらに解説しています。

 

また、ダンボールが大きく中身がスカスカになってしまった場合は緩衝材を詰めましょう。

新聞紙などがあればそれでOKです。

詳しくはこちらで解説しています。

 

発送準備

ダンボールに商品を詰め終わったら発送準備を行います。

 

まずは、配送業者の選択を行います。

配送業者は、

・FBAパートナーキャリア(日本郵便)

・他の配送業者(ヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸など)

を選択することができます。

どれを使っても良いのですが、今回は利便性の高い「FBAパートナーキャリア」を選択します。

 

 

 

次に、輸送箱の数を選択します。

この輸送箱とは、商品をAmazonに送る際のダンボール箱ですね。

例えば、商品を数十個まとめてAmazonに送る場合は、ダンボールの数が何箱にもなる事があります。

今回送るのは1商品だけですので、送るダンボールは1箱で良いので「輸送箱【1個】」を選択します。

 

 

次に輸送箱の重量と寸法を入力し、「確認する」をクリック。

 

配送料の見積もりで、「計算する」をクリック

 

すると、配送料が計算されます。

利用契約に同意し、「請求額を承認する」をクリックしてください。

※ちなみに、この配送料は後ほど自身のアカウントから自動的に請求、引き落としされます。

 配送する段階で料金を支払う必要はありません。

 

配送ラベルを印刷し、配送ラベルをダウンロードします。

このような2枚のPDFがダウンロードされるので、2枚とも印刷します。

この時の紙は、普通のA4用紙で大丈夫です。

 

印刷したこちらの方の紙(宛先記載)は、点線部分を切り取ります。

定規を使うと切り取りやすいです。

 

切り取ったら、商品を詰めたダンボールに貼り付けます。

糊で貼ってもいいですし、テープで4隅を貼ってもOKです。

 

そして、このダンボールともう1つ印刷したこの配送表を併せて、ゆうパックとして出荷します。

 

ちなみに、ゆうパックの場合、このWEB集荷申し込みのサービスが便利です。

https://mgr.post.japanpost.jp/C20P02Action.do?ssoparam=0&termtype=2

 

これで、FBA納品のステップは全て終了です。

お疲れ様でした。

 

 

もっと簡単に納品する方法はメルマガ読者限定でお伝えしています

以上、FBA納品の方法についてでした。

はじめての場合は、かなり面倒に感じると思います。

特に商品数が増えてくると大変ですよね。

 

なので、僕はこの方法で納品していません。

もっと簡単な方法があるんですが、このやり方だと1/5程度の時間で終わります。

 

この方法は、下の無料メール講座にご参加頂いた方のみにお伝えしています。

他に、僕が1日1時間程度の作業で月30万円を稼ぎ続けている秘密も公開していますので、

興味があれば登録しておいて下さい。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

※【重要!】

最近、特にGmailにてご登録頂いた方は、

僕が送ったメールが迷惑メールフォルダに入っている事が多いとの連絡を頂いています。

 

その為、僕のメールが届かない場合は迷惑メールフォルダを確認して頂き、

僕のメールが届いていた場合は、そのメールを開き「迷惑メールではない」

を選択して下さい。

これで僕のメールが届くようになります。

 

やり方は下を参考にして下さい。

〈パソコンの場合〉

〈Gmailアプリの場合〉

 

もし迷惑メールにも届いていない場合は、

この記事のコメント欄にメッセージ頂ければ対応します。

 

【登録はこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です