せどりの基礎知識

【Amazonせどり】評価依頼メールのテンプレート(例文)と送信方法

2018/11/05

 

 

こんにちは。HIROです。

 

Amazonせどりを行う上で、自分の店舗の評価は売り上げを左右する重要な要素です。

評価は高ければ高いほど良いのですが、

Amazonでは中々購入者から評価を頂く事ができません。

 

その為、評価を頂くにはこちらから評価依頼をした方が良いです。

評価依頼メールを送信すると、5人の内1人程度は評価をしてくれるようになります。

ちなみに、依頼メールを送信しなかった場合は、購入者の20〜30人の内1人といった程度でしょうか。

 

特にせどりを始めたばかりだと評価は0からスタートしますので、

他の出品者と比べ購入率は低下します。

そして購入率が低下するとまた評価が貰いづらくなり、商品を購入されにくくなる・・・といった悪循環になってしまいますので、

せどりを始めたばかりの場合は、特に評価依頼メールを送信した方が良いですね。

 

また、評価依頼メールを自動で送信してくれるツールもあるんですが、私はあまり推奨しません。

何故かというと、私が実際にそのようなツールを使用する事で、評価が下がってしまった経験があるからです。

 

評価をしようとする人は、

商品に満足し高い評価を付けよう

というより、

何か不満があり悪い評価を付けよう

という人の方が多いです。

 

私の場合、全ての商品に対して評価依頼メールを送信した事で、悪い評価を数件もらってしまいました。

その為、現在は高評価が期待できる商品のみに絞って手動で評価依頼メールを送るようにしています。

 

今回は、その依頼文のテンプレートと、依頼メールの送信方法について解説しますね。

 

評価依頼文のテンプレート

以下が依頼文の例になります。

【購入者の名前】 様

[店舗名】の【自分の名前】と申します。

この度は、アマゾンマーケットプレイスにて 当社より製品をご購入頂き、誠にありがとうございました。

・お手元までに届いた時間はご希望どおりだったでしょうか?

・当店の商品に問題はございませんか?

何か問題がございましたらご連絡くださいませ。 すぐに対応させて頂きます。

弊社では、お客様の満足度アップのために日々、向上心を持って取り組んで参りたいと思っております。

そこで、もし宜しければ アマゾンの『出品者を評価する』より当店の評価をお願いできれば嬉しく思います。

評価はこちらのページからできます

http://www.amazon.co.jp/gp/feedback/leave-customer-feedback.html/

尚、アマゾンの評価基準ですが、普通は3となっておりますが、3ですと悪い評価になってしまいます。

何も問題がございませんでしたら、4、もしくは5を付けて頂けると幸いです。

また、機会がありましたら是非、当店でお買い上げいただければ幸いでございます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

ポイントとしては、

・評価を5段階評価の内3としてしまうと、悪い評価となってしまうことを伝えること

・評価を面倒と感じさせない為に、評価ページのURLを記載しておくこと

・評価を付けてほしいという意図を全面に出しすぎないこと(相手が不快に感じる為)

ですね。

 

依頼メールの送信方法

では評価依頼メールの送信方法についてです。

Amazonセラーセントラルページから、「注文」をクリック。

 

すると、過去に購入された商品が表示されるので、評価依頼をしたい商品を選び、

「購入者に連絡する」の右に表示されている購入者の名前をクリック。

 

そして、件名を「評価リクエスト」とし、

メッセージ欄に先ほど紹介したような評価依頼文を貼り付け、右下の送信ボタンから送信します。

これで送信完了になります。

 

注意すべき点

評価依頼メール送信にあたり、注意すべき点です。

高評価を貰えると思う商品に対して、依頼メールを送信する

これは冒頭でも述べましたが、

高評価が期待される商品に絞って評価依頼メールを送信した方が良いです。

具体的には、新品で箱にも全くダメージのない商品ですね。

この場合は、悪い評価をもらう可能性はほぼ0になります。

 

しかし例えば中古品の場合、

・商品の状態が自分のイメージと違った

・動作不良で使えなかった

といった悪い評価をもらう可能性が比較的高くなります。

もちろん状態をしっかりと詳細ページに書き、動作確認をした場合でもです。

そして不満を抱いている時に評価依頼メールが届くと、

どうしても悪い評価を付けようという心理が働いてしまいます。

 

また、新品でも箱にスレがある場合も避けた方が無難ですね。

少しくらいなら気にしない人が殆どですが、

コレクション要素のあるフィギュアや模型のような物は、

外箱の状態も気にされる場合があるので注意が必要です。

 

また私の経験上、男性より女性の方が評価をして頂きやすいと感じています。

これはあくまで私の感覚ですが、よければ依頼する際に参考にしてみて下さい。

 

商品注文後、5日後以降に送信する

商品が手元に届いていないのに評価依頼メールを受け取っても、相手は評価することができません。

その為、商品注文日から5日後以降に依頼メール送信しましょう。

 

5日以降としているのは、

注文

発送

到着

購入者が商品を確認

までのステップに5日程度かかると見込んでいるからです。

 

また、依頼メールを送信するタイミングが遅すぎても評価をもらいづらいです。

例えば3ヶ月後に評価依頼メールが届いても、その商品の状態なんて中々覚えていませんからね。

 

終わりに

以上が評価依頼メールのテンプレート(例文)と送信方法についてでした。

 

また評価を上げるには、今回紹介した評価依頼メールを送信するという方法の他に、

悪い評価をAmazonに削除してもらうという方法もあります。

 

その方法についてはこちらに記載していますので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

では今回は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

ブログでは話せない濃い内容をお届けしていますので、良かったら登録してください。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

 

-せどりの基礎知識

月30万稼ぐ為のメール講座
せどりの手引書をプレゼント