せどりの基礎知識

【アマゾン】ショッピングカートボックスとは?仕組みと取得(獲得)方法

2018/10/31

 

 

こんにちは!HIROです。

今回はショッピングカートボックスについてです。

ショッピングカートボックスの獲得は、せどりで新品商品を売るのであればかなり重要です。

このカートボックスの獲得ができるかで売り上げが大きく左右されます。

なので、今回はショッピングカートボックスとは?からその獲得方法について解説します。

 

ショッピングカートボックスとは

まず、ショッピングカートボックスとは何なのか?という事についてです。

初めてせどりをやられた場合は聞き慣れない言葉かと思いますが、実はあなたがAmazonで商品を購入した事があるならば、知らない内に利用している可能性が非常に高いです。

ショッピングカートボックスとは、Amazonで商品を購入する際の「カートに入れる」ボタンの事です。

 

あなたもAmazonで新品商品を購入する場合、このボタンから注文する事が多いのではないでしょうか。

知らない人が多いのですが、実は出品者はこの人だけではないんです。

この「新品を出品」をクリックすると、出品者全員を見る事ができます。

 

しかし、この事を知らない人が多いんです。

ほとんどの人は出品者全員を見る事なく、「カートに入れる」ボタンから購入しています。

その為、このカートボックスを獲得できるかどうかで売り上げが大きく左右されます。

 

新品の場合ショッピングカートボックス獲得は超重要!

上に書いたように、ほとんどの人はカートボックスを取得している出品者から購入するので、カートボックス獲得は超重要です。

もし、モノレート上で問題なく商品が売れているのに自分の出品した商品が売れない。。。という場合は、このカートボックスが獲得できていないケースがほとんどです。

 

※ちなみにカートボックス獲得が大事なのは新品のみです。

中古品の場合は、ショッピングカートボックスの概念はほぼないと考えてもらって大丈夫です。中古品では同じ商品でもコンディションが様々なので、しっかり全商品を見て購入する人がほとんどだからです。

 

ショッピングカートボックス獲得の仕組み

では、カートボックスの獲得はどのような仕組みになっているのでしょうか。

まず、カートは1人の出品者がずっと獲得し続けているというわけではありません。

出品者が複数いた場合、その中でカートボックスの獲得が入れ替わっています。

 

ただ、これが平等に入れ替わっているという訳ではありません。

ある出品者は獲得している時間が長く、ある出品者は獲得している時間が短いといった感じですね。

また、場合によっては1回も獲得が回ってこない場合もあります。

この獲得の優先順位については、Amazon側で出品者の様々な要素を加味して決定しています。

この要件についてはAmazonははっきりとは明記していません。

しかし、これまで私が商品を売ってきた中で獲得の要素になると思うものを挙げていきます。

 

販売価格

価格が安い出品者がカートを取得できます。

FBAかどうか

自己発送とFBAが同じ値段で出品している場合、FBAがカートを取得できます。

ショップの評価

評価が高い出品者がカートの獲得が優先されます。

大口出品かどうか

小口出品よりも大口出品の方がカートの獲得が優先されます。

在庫数

商品の在庫を多く持っている出品者が優先されます。

 

この中で、特に重要なのは

・販売価格

・FBAかどうか

です。

この2つでほぼ決まりますね。

 

この2つの条件が出品者内で重なった場合に、

・ショップの評価

・大口出品かどうか

・在庫数

がその中での獲得の優先順位として影響を与えてくる印象があります。

 

 

ショッピングカートボックスの獲得方法

上に書いたように、カートの獲得で重要な要素は

・販売価格

・FBAかどうか

です。

 

なので、この2つを特に意識すればカートを獲得することができます。

 

販売価格

基本的に他の出品者の最安値に合わせましょう。

もし高くしてしまうと、カートボックスの獲得はほぼできないと考えてもらってよいです。

ただし例外があって、最安値よりも高くしてもカートを取れる場合があります。これについては後述します。

 

FBAかどうか

自己発送よりFBAを利用してください。

FBA利用によるメリットはカートボックス獲得の他に様々なものがあるので、よほどの事がない限りFBAで出品しましょう。

FBAやそのメリットについてはこの記事に記載しています。

 

自己発送でもカートをとる事は可能です。しかし、その為にはFBAよりも価格を下げなくてはなりません。

また逆転の発想で、もし出品したい商品が自己発送の出品者しかいない場合は、自分がFBAで出品することで自己発送の最安値よりも高く価格設定をしてもカートを取ることができます。これが先ほど後述しますと書いた部分ですね。必ずしも最安値でなくともカート取得は可能です。

 

 

これらの要素を満たしていてもカートが取りづらいと感じる場合は、

ショップの評価

大口出品かどうか

在庫数

を確認してみてください。

 

ショップの評価については、体感的に高い評価が90%以下の場合、カートの獲得がしづらい感覚があります。

もし90%を切っている場合は評価をできるだけ上げるようにしましょう。

 

 

Amazonが販売している場合はカート獲得は難しい

これまで獲得方法を紹介してきましたが、Amazonが出品している商品の場合は獲得が難しいです。

商品ページに、このように「この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します」表示されているものですね。

 

この場合はカート獲得は難しいです。

FBA出品でAmazonよりも価格を下げればカート獲得はできますが、Amazonもすぐに追従して価格を下げてくる事がほとんどです。

なので、Amazonが販売している商品は仕入れない方が賢明でしょう。

 

終わりに

以上、ショッピングカートボックスについてでした。

カートを取るためには、

・販売価格が最安値であるか

・FBAで出品しているか

を意識してください。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

ブログでは話せない濃い内容をお届けしていますので、良かったら登録してください。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

-せどりの基礎知識

月30万稼ぐ為のメール講座
せどりの手引書をプレゼント