せどりの基礎知識

【2019年】Amazonせどり(転売)のおすすめ無料アプリ【iPhone/Android】

2019/04/14

 

 

こんにちは!HIROです。

今回は、

せどりで使えるおすすめアプリを紹介します。

 

せどり関連のアプリって色々あるので、

せどり初心者の場合、どのアプリをインストールすれば良いかわからないと思います。

そこで、これだけ使って入れば大丈夫!というものを紹介していきます。

 

今回紹介するアプリは全て無料です。

有料アプリもありますが、正直無料のみで十分です。

私自身、今から紹介する無料アプリのみで月収30万円以上を継続して稼いでいます。

 

例えばメルカリで、1つの商品だけで利益1万円以上を簡単に出したり、

 

ドンキホーテで入店直後に3万円近くの利益を出したり、

 

これらはアプリを使って仕入れましたが、

特に有料のものは使っていません。

 

無料だけで十分ですね。

 

 

ではいきましょう!

 

 

 

【動画で見たい場合はこちら】

 

Amazon Seller

ダウンロードはこちらから

・iPhone用 https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-seller/id794141485?mt=8

・アンドロイド用 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.sellermobile.android&hl=ja

 

Amazon公式のアプリなので、一番に紹介させていただきました。

このアプリは、ざっくり言えば

普段パソコンでアクセスするアマゾンセラーセントラルをスマホ上で見る事ができるアプリです。

 

アマゾンセラーセントラルの画面は、スマホに対応していません。

見る事はできるのですが、正直かなり見辛いです。

しかし、このアプリがある事で、簡易的ではありますがスマホでもセラーセントラルにアクセスする事ができます。

 

ただ、セラーセントラルでできる事が全てできるわけではありませんし、パソコン上の方がやりやすい事もあります。

そこで、このアプリで特に使える機能を紹介します。

 

本日の売り上げの確認

外出先でも、今日の売り上げをリアルタイムで確認する事ができます。

 

アプリを開くと、まずこんな画面になります。

 

①が本日の売上金

②が本日の販売個数

です。

 

せどりをしていると、商品が売れたかどうかはかなり気になる事だと思いますので、この機能があればいつでも売り上げをチェックする事ができます。

ただ、あまり気にしすぎると常にこの画面を開いてしまうようになってしまうので注意が必要です。(笑)

 

メッセージ管理

お客様からメッセージを貰った場合、こちらに反映されます。

 

メッセージを貰った場合はすぐに返すのが基本ですので、

外出先からも確認できるのは良いですね。

返信もこのアプリ上ですることができます。

 

FBA出品不可の商品の確認

この機能はかなり使えます。

せどりをやっていく上でFBAは必須ですが、たまにFBA納品できない商品があります。

Amazon Sellerアプリを使う事で、FBA納品不可の商品を確認することができます。

詳しいやり方は以下を参照してください。

 

また、ここでFBA?と思った場合はこちらに解説しています。

 

 

自分がそのブランドの商品を出品できるかの確認

Amazonで商品を売る場合、人によって出品できないブランドがあります。

例えば僕の場合、Apple製の商品はほとんど出品することができません。

 

他にも、

・Sony

・Panasonic

・Canon

といった有名メーカーは、

人によって出品できないことがあります。

 

これらを知らずに仕入れてしまって、

「出品できない!」となったら最悪ですよね。

 

しかし、AmazonSellerのアプリを使えば

出品制限にかかっているかを事前に調べることができます。

 

出品できるかの確認方法

 

まずAmazon sellarアプリを開き、右上のカメラマークを押し、調べたい商品のバーコードを読み取ってください。

※もしバーコードがない商品であれば、「商品登録」をタップし、商品名を打ち込んで検索してください。

 

すると出品できない商品の場合、このように「出品許可が必要な商品」と表示されます。

 

 

さらに、その下の「出品条件」をタップすると、

どのコンディションで出品できないかを確認することができます。

 

 

今回の例だと、

・新品

・中古品

・コレクター商品

・再生品

 

の全てのコンディションが出品できないようですね。

 

 

一方、出品できる商品の場合はこのように「新品のコンディションで出品できます」表示されます。

 

新品が出品できるなら基本中古品も出品できるのですが、

今回は念の為中古品が出品できるか確認してみます。

 

同じく「出品条件」をタップします。

 

 

 

すると、この商品は

・新品

・中古品

のどちらも出品できそうです。

その下のコレクター商品や再生品は、

まず出品することがありませんので特に気にしなくて良いです。

 

 

このようにして、仕入れる前にそのブランドの商品が出品できるかを調べることができます。

こうやって、自分が出品できないブランドを覚えていくといいですね。

 

 

 

Amacode

 

ダウンロードはこちらから

・iPhone用 Amacode

・アンドロイド用 Amacode

 

これは、特に店舗せどりで大きな効力を発揮します。

また、店舗せどりだけでなく、スマホ上で電脳せどりをする場合も便利です。

店舗せどりと電脳せどりのそれぞれの活用方法を紹介します。

店舗せどりの活用方法

Amacodeを開くとこのような画面になるのでここをタップします。

 

そして、調べたい商品のバーコードを写します。

すると、バーコードが読み取られ、該当する商品が表示されます。

 

①は現在Amazonで売られている価格です。

②は売られている価格から手数料を引いた金額です。

 

ただ、現在の値段で売れているかわからないのでモノレートにアクセスします。

表示された商品をタップすると、モノレートへのリンク画面が表示されます。

 

モノレートへアクセスすることができます。

 

電脳せどりの活用方法

続いて電脳です。

スマホで電脳せどりをやる場合、

ヤフオク等で商品をリサーチ

調べたい商品の型番をコピー

モノレートで検索をかけ、利益が出そうかチェック

 

という流れになります。

 

ただモノレートで型番を検索しても、実は欲しい商品がすぐに出てくれない事があります。

検索機能があまりよくないんですよね。

さらに、販売手数料がいくらかかるのかというのをいちいちFBA料金シュミレーターで計算しないといけません。

パソコン上だとワンクリックで飛べるのですが、スマホだとそれができないので型番やJANを打ち込む必要があります。

それが結構手間なんですね。

 

そこで、Amacodeを使います。

 

例えばヤフオクで見つけたこの商品を調べたいとします。

 

商品の名前をAmacodeに入力します。

 

すると、途中入力した段階で、予測変換機能により商品をある程度絞ってくれます。

その中から該当する商品をタップします(この場合どれを選んでも大丈夫そうですね)。

 

 

調べたい商品が一番上に表示されましたね。

 

さらに美味しいのは、

新品、中古それぞれの手数料を引いた額が表示されている事。

FBA料金シュミレーターを使わずとも手元に入る額が見ただけでわかるんです。

 

もちろん商品画面をタップするとそこからモノレートの画面にアクセスする事もできます。

 

非常に便利ですね。

 

ちなみに良く他のブログで紹介されているせどりすとはAmacodeとほぼ同じアプリなので不要です。

せどりすとで有料の機能がAmacodeでは無料でできるのでAmacodeをおすすめします。

 

 

 

ロケスマ

ダウンロードはこちらから

・iphone用 https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%9E/id498923187?mt=8

・アンドロイド用  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.d_advantage.locasma&hl=ja

 

 

これは店舗せどりに使えます。

あなたの近くにある家電量販店や、リサイクルショップを地図上で表示してくれます。

 

例えば、大阪でリサイクルショップを検索してみます。

 

すると、大阪中のBookoffやセカンドストリートなどのリサイクルショップが表示されます。

 

これがあれば、店舗せどりが非常にやりやすくなりますね。

どこに何があるかがわかるので、非常に効率の良いせどりができます。

 

GoogleMap

 

ダウンロードはこちらから

・iPhone用  https://itunes.apple.com/jp/app/google-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97-gps-%E3%83%8A%E3%83%93/id585027354?mt=8

・アンドロイド用 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.maps&hl=ja

 

既に入れている人が多いかと思いますが、もしない場合は入れておきましょう。

使い方は2つあります。

 

小規模店舗の検索

1つ上に紹介したロケスマですが、地図上で表示される店舗は有名店だけ(リサイクルショップの場合、ブックオフやセカンドストリートなど)なので、地域密着型の小さな店舗は表示されません。

このgooglemapで検索すると、小さな店舗でも表示させることができます。

 

例えば自分の周りのリサイクルショップを検索したい場合、GooglMapを開き「リサイクルショップ」と検索します。

 

すると、その地域にあるリサイクルショップが表示されます。

セカンドストリートなどの有名店も表示されますが、ローカルなリサイクルショップも表示されます。

 

小さな店舗まで表示されるので、ロケスマと組み合わせる事で仕入れ候補が広がりますね。

 

お気に入り店舗の登録

また、仕入れ候補になる店舗を見つけると、その店舗をお気に入りに入れる事ができます。

このように星マークをついてあるところですね。

 

こうしておくと、仕入れ対象になる店舗が一眼でわかるので、効率が上がります。

 

やり方は、GoogleMap上で店舗を見つけたら、その店舗名をタップします。

 

そして、赤枠内をタップ

 

そして、「スター付きの場所」をタップします。

 

これで登録完了です。

ちなみにパソコンのGoogleMAPからでも登録できます。

 

モノゾン

 

 

これは初心者の場合は特に使えるアプリです。

どんなアプリかというと、

モノレート上で新品と中古がそれぞれ何個売れたかを表示してくれるものです。

 

モノレートで新品と中古が同時に表示されていた場合、売れていてもどちらが売れているのかわかりづらいです。

しかし、このモノゾンを使うとそれぞれいくつ売れたのかという事がわかるようになります。

 

アプリを開き、調べたい商品のASINを貼り付け、送信をタップします。

 

ASINの確認方法は、

①モノレートの場合:商品画像の少し下

②Amazonの商品ページの場合:少し下にスクロールした「登録情報」

に記載されています。

 

①:モノレートの場合

 

②Amazonの商品ページの場合

 

 

検索すると、新品・中古でそれぞれいくつ売れたのかという事が表示されます。

 

非常に便利ですよね。

ただ、注意してほしいのはこの数値はあくまで目安であるという事。

ランキングや出品者数の増減から機械的にはじき出しているだけなので、この通りとは限らないということを頭に入れてきましょう。

 

また、モノゾンはChromeの拡張機能としても使うことができます。

なのでChromeにも入れておくと良いでしょう。

 

 

ヤフオク

 

ヤフオクは仕入れに必須のサイトです。

アプリを入れておけば、スマホからでもリサーチがしやすくなりますので入れておきましょう。

 

メルカリ

メルカリもヤフオク同様仕入れに必須のサイトです。

なのでこちらも必ず入れておきましょう。

 

メルカリで月5万円稼ぐ方法はこちらを参考にしてください。

 

 

月30万円以上稼ぐ方法をメール講座で公開しています

以上、せどりで使えるおすすめアプリについてでした。

これだけインストールしておけば月収数十万は普通に稼げますし、ましてや有料のアプリなんて必要ありません。

 

もしこれらのアプリだけで全く稼げていないという場合、それはせどりのやり方自体に問題があると言えるでしょう。

中々成果が出ないと、「有料アプリやツールを使えば稼げるんじゃないか」と思って有料のものに手を出してしまいがちなんですよね。

これは昔僕も思っていた事なのでよくわかります。

ただ問題はそこではなく、自身のせどりのやり方に原因があるという事を理解しておきましょう。

 

僕が1日1時間程度の作業で月30万円以上を稼いでいる方法は、下のメール講座で公開しています。

正しいせどりのやり方をお届けしていますので、良かったら登録しておいてください。

今なら「せどりの手引書」を無料プレゼント中です。

 

-せどりの基礎知識

1日1時間で月30万稼ぐ無料メール講座
今なら「せどりの手引書」をプレゼントしています
月30万稼ぐ為のメール講座
せどりの手引書をプレゼント