Part2 フリマアプリの仕入れ方法(初級編)

 

Part2では、フリマアプリの実際の仕入れ方法(初級編)をお伝えします。

まずはこちらからチャレンジされると良いです。

 

また、ここではモノレートの画面を出して解説していますが、見方はイーリサと同じです。

 

 

. ヤフオクで仕入れた商品をそのまま仕入れる 

まずは、ヤフオクで仕入れた事のある商品をそのままリサーチしてみましょう。

. ヤフオクで仕入れた商品を検索する

 

例えば、この商品を検索してみます。

アマノのBX-6000というタイムレコーダーです。

この商品は、ヤフオクで仕入れても利益が出ます。

 

これをそのまま今回はメルカリで検索します。

ラクマでもやり方は同じです。

トップページから、上の検索マークをタップします。

 

検索欄に、「BX-6000」と打ち込み検索します。

 

すると検索結果が表示されます。

 

商品画像の左上に「SOLD」と表示されている商品は、すでに売り切れてしまったものになりますので、「SOLD」と書かれていない商品だけをみます。

左上の商品がまだ出品されているようです。

 

価格は13900円です。

この商品をモノレート(イーリサ)で見ると、90009800円で売れています。

 

なので、メルカリで13980円で仕入れてAmazonで販売しても利益は出ません。

このように売れ残っている商品は、基本的には利益が出ないものばかりになります。

なので、値下げ交渉が必要になります。

 

 

. 値下げ交渉を行う

この商品を値下げ交渉してみます。

まずはタップして商品を開きます。

 

その際、念の為動作に問題がないかを説明欄からチェックします。

 

すると、「作動確認済み」と書かれているので、動作には問題なさそうです。

 

続いて価格交渉に入ります。

「コメント」をタップします。

 

下の部分をタップし、コメントを打ち込みます。

 

コメントは以下のようなものでOKです。

「初めまして!購入を検討していますが5000円にお値下げ頂けませんでしょうか?お値引き頂ければ即決させて頂きます。」

 

ポイントは

①まずは仕入れたい金額よりも低めの値段を提示する

②値下げがされたら即決する事を伝える

の2点です。

 

①まずは仕入れたい金額よりも低めの値段を提示する

はじめに低い金額を提示し、断られたらそれよりも高い金額(本来仕入れたい値段)で再交渉します。

これは心理学的なテクニックになります。

 

相手側の立場で考えると、一度断った後に再度交渉をされると、もう一度断るのが申し訳ないという気持ちが生まれます。

さらに、はじめの値段よりも高い金額を提示されているので、「この金額ならいいか」と交渉に応じてくれる可能性が高くなります。

 

ではいくらの金額を設定したらいいのかという事ですが、

買いたい金額:見込みの利益率が20%

最初に提示する金額:買いたい金額の20%引き程度

で良いです。

 

この商品を例にすると、90009800円で売れているので、

実際に買いたい金額は、利益率20%、つまり6500円程度になります。

その金額の20%引きで考えると、きりの良い数字で5000になりますので、まずは5000円で価格交渉をします。

その価格で応じてくれれば美味しいですし、断られたら6500円で再交渉をすればOKです。

 

②値下げがされたら即決する事を伝える

この文章も必ず入れてください。

相手も、売れ残った商品を早く売りたいはずです。

なので、「絶対に買う」という意思を見せれば、値下げに応じてくれる可能性が高くなります。

もちろん、これらの方法で価格交渉をしても断られる事は多々あります。

ただ、それでもめげずに粘り強く交渉を続けていく事が大切です

何回も交渉をしていると、その内応じてくれる出品者に巡り会えますので。

 

 

. フリマアプリで仕入れた商品から派生させて仕入れる

上でお伝えした方法で仕入れる事が出来たら、その商品からどんどん派生させてリサーチしていきましょう。

. メーカーで派生させる

まずは、同じメーカーで派生させます。

例えば、上で紹介した「アマノ BX-6000」という商品で解説すると、この商品のメーカーは「アマノ」になります。

なので、メルカリで「アマノ」で検索します。

 

他のメーカーの商品も引っかかってしまっていますが、少し見ているとこんな商品がありました。

 

 

アマノのBX2000という商品です。

 

型番をアマゾンで検索すると、アマゾンでも出品されているようです。

 

モノレート(イーリサ)を見てみると、10790円で売れています。

 

メルカリでの価格が11000円でしたので、このまま売っても利益は出ません。

なので、こちらも価格交渉を行います。

目安の価格についてですが、利益率20%は欲しいので、6500円で仕入れたいですね。

となると、その金額の20%引きの5000円程度でまず交渉し、断られたら6500円で再交渉すると良いです。

 

. ジャンルで派生させる

次にジャンルで派生させます。

こちらも「アマノ BX-6000」を例にすると、こちらの商品のジャンルは「タイムカードレコーダー」になります。

なので、メルカリで「タイムカードレコーダー」で検索します。

 

すると、ほぼ売り切れていて良さそうな商品が見つかりませんでした。

 

そこで、検索ワードをやや簡単にします。

「タイムカード」で検索してみます。

 

そうすると、こんな商品が見つかりました。

 

この商品の型番(ER-110S5CW ブラック)でアマゾンで検索すると、アマゾンでも商品が見つかりました。

 

モノレート(イーリサ)を見てみると、やや回転は悪いですが18780円で売れているようです。

 

メルカリでの価格が16000円なので、こちらもそのまま仕入れても利益は出ません。

なので価格交渉を行います。

目安の価格は、利益率20%で計算すると11500円程度です。

なので、その金額の20%引きの9000円程度でまず交渉し、断られたら11500円で再交渉すると良いですね。

 

 

. 利益が出る商品はフリマウォッチに登録しておく

上記の方法で利益の出る商品を見つけたら、フリマウォッチに入れておきましょう。

そうすれば、登録した商品が出品された時に通知が来るようになります。

こちらからアプリを入れてください。

https://www.furimawatch.net/

アクセスできない場合はgoogle等で「フリマウォッチ」と検索をかけてください。

そして、以下の手順で商品の型番をキーワード登録します。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで通知が来るようになります。

あまりに不要な通知がたくさん来るようなら、キーワードを工夫したり、除外ワードを設定したり、上限価格を設定するようにしましょう。